2015年9月1日火曜日

アイルランドの首都 ダブリン

帰国まで残すところあと1ヶ月となりました。
夏が終わる前に最後の「海外旅行」をしようと、アイルランドの首都、ダブリンへ行ってきました。(8月21日~23日)

ダブリンへはパリから飛行機で1時間半~2時間。100人乗りくらいの小さな飛行機でびっくりしましたが、とても快適でした。

車両は左側通行、路線バスは2階建て。それだけ聞くとロンドンと似ているのかなと思いますが、独自の文化と歴史をもち、人口52万人のダブリンにはまた全く違う魅力があります。
出会った瞬間は少し怖い顔をしているような気がする町の人々も、一言話せばとても親切です。英語の発音は聞き慣れないかもしれませんが、何度聞き返しても優しく答えてくれるので安心です。

気温は15℃前後、しとしと降る雨の中での観光でしたが、行ってよかったなと思います。また機会があれば訪れてみたい国の一つです。
トリニティ・カレッジ図書館。
多くの古い書物が大切に
保管されているのを見ると
歴史を感じます。
ダブリンのバスは黄色です。

ギネス・ストアハウス。
ギネスビールの製造方法を
学べる博物館。試飲もあります。
リフィー川にかかるおしゃれな橋
のんびりできる公園

0 件のコメント:

コメントを投稿