2015年6月15日月曜日

プロヴァンの中世祭り


私の住むシャン・シュル・マルヌから電車(RER)20分+長距離バス(Seine-et-Marne Express)で1時間。世界遺産に登録されている中世の町、プロヴァンで毎年行われる「中世祭り」へ行ってきました。

「中世祭り」には入場料がかかりますが、中世の衣装を着ていけば何と半額以下!というわけで、祭りの関係者はもちろん、一般客も腰に剣を携えた騎士や魔女、ケンタウロスなどになりきっています。ありとあらゆる人と生き物がそこらじゅうを歩いていて、まるで映画の世界に迷い込んだような気分です。


子どもはもちろん大人も頭の先から足の先まで完璧に中世の格好なのに、のんびりスマートフォンで写真をとっていたり、日陰で雑談を楽しんでいたりするとなんだかおかしくなります。

食べ物はもちろん革製品や甲冑、角が生えた不思議な生き物の置物を売る店、パレードなどで町全体が活気にあふれていました。

まだまだ見所がたくさんあるプロヴァン。お祭りの時期に限らず、皆さんもぜひ機会があれば一度足を運んでみてください。



0 件のコメント:

コメントを投稿