2015年1月29日木曜日

メゾン・エ・オブジェ

1月24日(土)、友達と一緒に映画館へ「思い出のマーニー」を見に行きました(もちろん日本語音声、フランス語字幕です)。ストーリーとは全く関係ありませんが、主人公がお箸で目玉焼きを食べているシーンで隣の席の女性はなぜくすくす笑っていたのでしょうか。


メゾン・エ・オブジェ会場
(写真は6番と7番のホール)
1月25日(日)は「メゾン・エ・オブジェ」へ行ってきました。「メゾン・エ・オブジェ」とはパリで年2回開催されるインテリア・デザインの見本市で、世界各国の家具や寝具、雑貨など、今までに見たことのないほどたくさんの商品のブースが、何と8つのホールに分かれて出展されていました。

私は「兵庫県線香協同組合」のブースで通訳補助としてお手伝いをしました。淡路島の「香司」(http://www.awaji-kohshi.com/)さんたちが作ったお香には、「香り」にこだわりをもつヨーロッパの人たちも興味津々です。
フランスにいながら淡路のお香について学び、久しぶりにローカルな話題で盛り上がる有意義で楽しい1日となりました。

このように大規模な「見本市」を見るのは初めてで、方向音痴の私には広すぎたので1つか2つのホールを少し見て回っただけですが、ショッピングモールをぶらぶらするよりもずっと楽しく、買いたいものもたくさんありました。(もちろんそんなにお金を持っているわけでもありませんし、そもそもこの見本市はビジネス取引の場であって、一般のお客さんを対象としたものではありませんが…。)

すみません、ピントがずれていたので会場内の写真はなしです…。

0 件のコメント:

コメントを投稿